2013年7月20日土曜日

2013/07/20釣行 納得

どうも。ためぞうです。

雨も落ち着き、河川の濁流もだいぶよくなりました。
それでも雄物川はまだまだすごい状況です。

先週、久々にヒラメをゲットできたので、本日も2匹目のドジョウならぬヒラメをゲットすべく前回と同じサーフへ。きっとこのサーフこれからも来ることになりそうなので、八幡サーフと名付けよう。

さて、本日の八幡サーフ。

濁りもとれてしまい、クリアな状態。波は高くないが、ウネリがちょっとあってウェーディングしにくいサーフとなっていました。先週あったカレントもなくなっていてちょっと期待薄なかんじ。

それでも2時間ほど粘ってみましたが、全く反応なし・・・・・

ウィークエンドサーフへ移動するとこちらは少し濁りも入っていてやや期待が持てる状態でしたが、こちらでも撃沈してしまいました。


ならばと運河に移動してゲームフィッシングと切替え。


スケP。
水位はいい感じの状態。
日は昇り始めましたが、まだちょっと肌寒く、水温もちと低い。

しかし色々と試してみるも、全く反応なし。
おかしい。
情報だとかなり上向きで爆釣を妄想して来たはずなのに。

速効で移動。
おにへいドカン下P。
少し暖かくなってきてウェーディングも気持ち良い。
しかし、先日の増水の影響なのか地形が変化してしまい、いつもの立ち位置ポイントはえぐれてしまい、危険な状態となってしまっていた。

このポイント。昨年ランカーを上げた場所なので、大好きな場所。しかもゲン担ぎで同じラパラCD11を装着し、ウォブリングを意識して早巻き。

リールはハイギアタイプなので、早巻きだとどれだけにケツ振っているのか?
オリムピック釣り具の親父さんがしてくれたラパラの講釈を思い出す。

すると、ゴツン!と反応。
やっぱり頼りになるCD11です。

意外と良い引き。
0.6号のPEなのでレバーブレーキは必須。
案の定、レバーブレーキ登場。
リールをエクスセンスにしてから初めてブレーキを使用する場面となりました。

無事キャッチ。

57cmと寿松木さんには3cm及ばず・・・


その後CD11にて連続ヒット!
またまた良型の引き。レバーブレーキ大活躍!

今度は61cmの寿松木さん

欲が出てきて今度はマリアのスカッシュへ変更するも反応なし。
それではと思い、シリテン53レッドヘッドへ。
すると小さながらも47cmのシーバス君を追加

CD11で釣ったシーバスは銀ピカで匂いもない新しい個体で、持ち帰りして刺身ができそうなフレッシュさんでした。


その後はディブル55で地球を釣ってしまい殉職。
ドカン下へ移動してからほんの30分くらいの出来事。

楽しかった。




0 件のコメント:

コメントを投稿