2016年10月23日日曜日

2016/10/22-23釣行 カウントダウン

どうも。ためぞうです。

一気に寒くなってきましたね。
R32さんからの情報から港内でサゴシが釣れ始めたようで、そろそろ今シーズンが終了のカウントダウンが始まったようですね。
さみしい限りです。

さて、久しぶりの土日休みなので、釣り三昧の予定。
と思いきや、木曜日夜に息子の部活連絡で土曜日は柔道の合同練習会があるとのこと。
そしてなんと車出し係を任命される始末。せっかくの土日は釣り三昧と決め込んでいたはずなのに、なんという仕打ち。

渋々と合同練習の場所を聞くと、なんと土崎中学校。
ふふふっ。
良からぬ企みが頭を巡ります。

そして土曜日を迎え、早々と子供たちを送り届け、そのまま港へ直行!
正味2時間半。
ルアーを装備してキャストするも、全くの無反応。
場所を変えてみるもダメ。
車で移動を繰り返していると、何と部活の救急バッグが車に残っているのを発見。

これ無いときっとヤバイんだろうなぁ・・・
ということで、一旦戻ることに。
少しだけ練習をみるつもりがそのまま最後まで。
結局土曜日の釣りはなんの成果をもなくこれで終了。

翌日曜日。
北風が強い。
サーフは波高いかも知れないと思い、再び港へ。

向風のほうが良いのは解かっているが、距離を稼ぎたいという気持ちから選んだ場所は北風を背に受けてキャストする場所。

少し大きめのフローティングを装着してキャスト!

風に乗ってぶっ飛びです。
スーパーファイヤーラインカラードは10mごとに違う色がついているので、どれくらい飛んだかよくわかる。

糸ふけをとって色を数えると約70m後半くらい飛んだ模様。
もう少し仰角を変えるともっと飛びそう。
何度か調整して80m以上は飛べるキャスティングを確立。
糸ふけ部分を風にのせて、ルアーをもっと沖に流してみます。
そしてそこから一気にリトリーブ。

すると、ガツン!と一発。
しかし残念ながらフッキングならず。
あの距離くらいにいる様子です。
2~3投してみますが、反応がなくなったので、ZBLサーフドライバーの赤金に変更してみます。
このルアーも風に乗るとぶっ飛びます。ちょうどよい具合に日の光がでてきたので、恰好のアピールカラーです。

同じように糸ふけを風にのせてルアーを少し沖へ送ります。
そこから一気にリトリーブ。

するとカツン!
さきほどのアタリとは少し違う弱いアタリ。
リトリーブを止めて再スタートさせた直後に追い食いの本アタリ。
このパターンの記憶はサゴシっぽい。
そして一気に寄せてネットイン。
ビンゴ。

ちょっと細い。
西京焼きにでもしようと思い、活き〆。

再度準備して、もう一度同じ場所へルアーを流し込む。

今度はガツン!
シーバス君のアタリ。連荘ヒットです。
時合突入か?

意外と力強い。
少し取り込みに手こずるも無事ネットイン。
そこそこ65cm。

こちらも活き〆にして時合を逃さぬように再度準備。
すると、左隣に親子連れが陣取る。
ウキをつけての投げサビキ。
かなり遠くへ投げて放置しながらもう一つの仕掛けを準備している模様。

そんなことはお構いなしに時合を逃さずキャスト!

ん?
なんかおかしい。
ルアーを回収しようとするも、思うように寄ってこない。
すると、なんとルアーが海の上で宙に浮いた状態。

なんと左隣の投げサビキが潮に流されていたらしくお祭り状態。
しかもその仕掛けが自分の2つ右隣りにいる投げ釣りをしていた若者ともお祭りしている様子。

放置しすぎだろ!状態だった模様。
まぁ夢中になってしまえば良くあることなので大目にみました。
しかも、こちらにしてみると時合を逃したくないので。

と思いきや左隣のこの方。
結局合計5回も同じように放置してお祭り状態に。
さすがに自分の中でブチン!と切れてしまい、「何回目だ!」と叫んで帰宅を決意。

ふつうは3度目くらいには都合悪そうに別の場所に移るなどすると思うが、5回になるまで居座るド根性。恐れ入ります。

という訳で少し嫌な思いをして帰ってきましたが、久々の魚さんからのコンタクトにとりあえず満足。
4ヒット2キャッチ(ランディングネット準備中のバラシ1)

でも冒頭にもありましたが、サゴシが釣れるということはそろそろシーズン終了のカウントダウンなんですよね。さみしいなぁ・・・

4 件のコメント:

  1. 残り少ないシーズンが終わる前に、おれのことも誘ってください。っていうか今度電話しますので( `・∀・´)ノヨロシクです。(11月はシーバス強化月間です。)

    返信削除
    返信
    1. さんぷーさん。
      お晩です。

      是非タンデム釣行いたしましょう!
      連絡お待ちしております。

      削除
  2. マナーの悪い人は 何処にでもいますね。
    とっても 残念な気持ちになりますね。

    返信削除
    返信
    1. nagaさん。
      本当に残念です。

      人に迷惑を掛けないのが日本人の素養の高さだとおもいますが、恐らくこのような方は釣り以外でも同じ事してそうですね。残念です。

      削除