2018年3月5日月曜日

2018/03/04ワカサギ釣行 県南ダム湖超ドM釣行

どうも。ためぞうです。

おそらくこれが今シーズン最後の釣行。
場所によってはもっと出来るんでしょうが、娘の進路次第でほぼ週末の釣行は無理と思われます。

今シーズン自分のホームである八郎潟での釣行はプライベートで1・2回だったような記憶。それ以外はほぼ毎週末SRVヘッポコ倶楽部ワカサギ部のメンバーとあちらこちらと釣行しました。

そして本日のSRVヘッポコ倶楽部ワカサギ部の釣行は、2組に分かれました。
1組はnaga船長はじめ十二湖組と私ためぞうとタツマさんの県南のとあるダム湖組。(後にnaga船長組は十二湖から能代へ移動しての釣行と変更になったらしい)

場所名はガイドして頂いた現地SRVヘッポコ倶楽部ワカサギ部員のNOBUさんとそのお友達より伏せて欲しい旨の雰囲気だったので、写真の背景での想像をお願いします。
集合場所はとある道の駅。
除雪した雪山がすご過ぎです。
ここから10数分移動です。


 
 
 
 
雰囲気は抜群。

前日の情報で3束の実績があったとの話を聞いて期待が膨らみますが、穴開けが大変。氷というよりも積雪の上での釣りになるため・・・

 
一所懸命に穴を開けるタツマさん。
こんな長いドリルでなければ底の真氷に届きません。

ようやく釣り座を確保して8時くらいには釣り開始。
水深は13mほど。
魚探は氷(雪)が1mほどあるためセンサーが氷の下までなかなか届きません。センサー部にオモリをつけて沈めてようやく様子を確認。
ポツポツと反応があるものの、前日の3束が釣れたと言うような反応ではありません。
なんとなく修行が必要な我慢の釣りなんだろうという予感。
そんな中、どんな渋い状況下でも修行大好きというSRVヘッポコ倶楽部ワカサギ部の若頭エースのタツマさんはヒョイヒョイと釣り上げます。
開始1時間半で約50匹くらいまで到達。
この時点でためぞうは10匹ちょっと。
約4倍の差!

一時的に魚探に反応が出てラッシュらしき状態にもなりましたが一瞬だけ。
この一瞬の差ですでにこの差が出てしまう訳ですから、まだまだ修行が足りません。
さすがです。

しかし、ここから本当の修行。超ドMな展開。
魚探には反応なし。時速0~2ワカのペースが続きます。
14時過ぎに終了して結果22匹。タツマさんNOBUさん70オーバー。

いつもここ最近は激渋ばかりでしたが、これだけの経験は久しぶり。
そんな状況下でもこれだけの差が出るという事はウデの差。ワカサギ釣りって本当に奥が深い。釣れれば楽しいのは当たり前ですが、釣れなくても次に何をすべきか?など沢山考えることが出来る釣りです。本当に楽しい。

今回はタツマさんと一緒のテントで何とか若頭エースの釣りを見て自分の糧となるようにしました。とても勉強になりましたね。

ワカサギ釣行は今シーズンは恐らくこれで終了ですが、振り返ると超のつく猛者といって良い方々と釣行する機会が増えました。なんとかこの経験を自分のものにしてウデを磨きたいものです。





2 件のコメント:

  1. 部長、今回は二手に別れたワカサギ部の部活。

    氷の塩梅もよくなく ホームは今季 終了ですね。
    後は 安全に出来るとしたら、県南のつぶ沼 もしくは 倉掛沼くらい
    でしょうか?!
    4月まで出来るので タイミング見て出かけてみましょう。

    返信削除
    返信
    1. nagaさん。お疲れさまでした。

      気温上昇によるシーズン終了のお告げ。
      ほんとうにあっという間ですね。
      今シーズンは本当に沢山釣行しました。
      まだまだ行けるかなぁ?
      可能な限りお供致します。

      削除